清原さん真の紳士の友情に応えてほしい

元強者野球選手の清原和博被告の初法廷に、親友の元大リーガー佐々木主浩ちゃんが弁護となりの情状証人として出廷し、「2回眼はないと、身は信じています」と訴えたそうです。
佐々木ちゃんが出廷することを別した方も周りにはいたそうですが、30年来の仲間、そうして「親友」のために決めたとのことです。
如何にも、親友として、何故清原が麻薬に手法を染めているのを気づかなかったのだろうとか、仲間なら、何で清原の寂しさを分かってやれなかったのだろうといった人に対しても悔いる心持ちがとってもあったのだろうと思料します。
また、佐々木ちゃんが証言している拍子、清原ちゃんは涙が止まらなかったそうです。それでも、ひとまず犯した落ち度を取り消すことは出来ませんが、真のパパの友情を裏切ることなくぜひ更生して、また元気な姿を見せてほしいと激しく思いました。
佐々木ちゃんは「野球をしている清原、関わってる清原を見たい」とも発言したとのことですが、ぼくにとっても清原ちゃんは甲子園のエースだった頃から知っているものです。
野球界への復職のコースはいかにも大変刺々しいものになるかもしれませんが、佐々木ちゃんのためにも諦めず頑張ってほしいと思います。エステの口コミでは、予約が取りやすいみたいです